本当に酵素はダイエット効果があるの?間違った栄養学に注意

そもそも酵素とは何でしょう。
洗剤や食品の加工等様々な分野でなくてはならない存在です。
私達の身体の中にも酵素は存在しています。
消化酵素や代謝酵素という言葉を最近見かけますが、知覚や運動に関わる酵素も存在し、◯大酵素という呼び方には無理があります。
様々な反応をする場合に媒体となるタンパク質の仲間、それが酵素です。

 

 

● 酵素を食べると身体に良い?

 

酵素はタンパク質で出来ていますので、食べ物から摂取しても、普通に胃酸により失活します。
酵素は働き者ですが熱や環境に弱いので、酵素を酵素のまま取り込んでそのまま活動する事は考えにくいでしょう。
昔、コラーゲンが話題になった時代もありましたが、消化されアミノ酸に分解されることを知りました。それと同じですね。

 

私達の身体には、元々、必要に応じた酵素が備わっています。
それらは消耗されていくものではなく、余程の栄養失調でもなければ足りなくなる事はありません。
そして逆に、無駄な量の酵素は作られません。
調整機能が備わっているため、外部から影響を与えたところでそれに左右されることもありません。
食事からいくら取り込んだところで意味のないことと言えます。

 

では発酵食品ならどうでしょう。
全く同じ事が言えますが、発酵による微生物やそれによって増加した酵素を取り込んでも、普通に消化されますので意味と言えます。

 

体内の酵素を増やす事で健康になるとうたった商品が店頭にたくさん並んていますが、酵素の基本的な働きを無視した的外れなものと言えます。

 

 

● 話題のローフードとは?

 

ローフードとは、生食により、野菜などがもつ酵素やビタミン、ミネラルをそのまま取り込もうという健康法です。

 

食事から酵素を取り込むのは無駄というお話は記述したとおりです。

 

そしてもう一つ。
酵素とは様々な種類、形態があり、その細胞に合った種類の酵素が作られ、環境に適した働きをします。
勿論、私達の体内の酵素は、私達にしか働きません。
そして、植物の酵素は、植物にしか働きません。
消化を含むいかなる場合においても、食材に存在する酵素は、人体に影響しないのです。

 

 

● 業界に踊らされないこと

 

いかがでしたか?
何事にも言えますが、業界に踊らされないことが大切と言えます。
目新しい物には飛びつかず、情報を収集して自分で判断することが必要ですよね。