夏太りの原因は?

 

 

「夏は汗をかいて新陳代謝が良くなるから痩せやすい」と考えている方は多いかもしれません。

 

しかし、意外にも夏太りで悩まされている女性は多く、何が原因なのか以下ではまとめてみました。

  • 一日中に渡ってエアコンの効く部屋で過ごしていて運動不足に陥ると基礎代謝が低下する
  • 外気温の高さで体温の維持のためにエネルギーを燃焼する必要がなくなる
  • 汗をかくことで失われた水分を補給するために必要以上に甘い飲み物を飲んでしまう
  • 暑いからといって冷たい食べ物や飲み物ばかり摂取していると冷えによってエネルギーの消費量が減る
  • 寝苦しい環境が続いて寝不足を引き起こし、疲労が溜まって代謝が悪くなっている

動物性脂肪や高カロリーの食べ物を食べ続けるだけではなく、このような原因で夏太りが引き起こされやすくなっています。

 

 

現代の日本の夏は基礎代謝が低下しやすく、便秘や生理不順で悩まされている女性は特に顕著に下がりやすいのです。

 

 

基礎代謝が下がるのは季節による変化である程度は致し方ないものの、「スタイルの良い状態を維持して水着やキャミソールを着こなしたい」と考えている女性は夏太りの対策を練りましょう。

夏太りの効果的な解消方法をチェック!

夏太りを解消するためにどのような方法が効果的なのか以下では幾つか挙げてみました。
今直ぐにでも取り組める方法が多いので一度試してみてください。

置き換えダイエット食品を摂取する

 

ただでさえ太りやすい夏場に暴飲暴食を続けていると余計に痩せにくくなるため、置き換えダイエット食品の摂取がおすすめです。

 

気温の高さで運動不足に陥るのは仕方なく、エアコンの効いた部屋の中で1日を過ごす人もいます。

 

そんな生活を続けていると消費カロリーよりも摂取カロリーの方が軽く上回りやすいので、夏太りを解消するには置き換えダイエットが一番です。

  1. 自分にとって向いている健康食品を選ぶ
  2. カロリーの低さだけではなく栄養素のバランスにも着目する
  3. 朝食や夕食など1日に3食のうちの1食を置き換える

3食全てを置き換えるのは栄養不足で悩まされる可能性が高くて危険ですが、置き換えダイエットは上記のように簡単に取り組むことができます。

 

 

ビタミンやミネラルなどの栄養素のバランスが良い食品を選択すれば身体には負担が加わらず、夏バテの原因にはならないでしょう。
特に、夏場の強い紫外線によって肌へとダメージが加わって肌荒れが引き起こされやすいので、肌の回復に欠かせないタンパク質を豊富に含む食品がおすすめです。

軽い運動を取り入れて身体を動かす

 

夏太りを解消したいのであれば食事制限で摂取カロリーを減らすだけではなく、同時に軽い運動を取り入れて身体を動かさなければなりません。

 

・普段と食事内容が変わっていないのに太った
・カロリー制限をしているのに痩せない

 

このように感じている女性は多く、基礎代謝の低下によって脂肪を燃焼する作用が低下しているのが大きな原因です。

 

基礎代謝をアップするには筋力トレーニングや短距離走などハードな無酸素運動が適していますが、夏場の炎天下で行うと熱中症で倒れてしまう可能性があります。

 

普段は冷房の効いた部屋で過ごしていて運動不足の人が急に激しく身体を動かすのは負担が加わりすぎるので、まずはヨガやストレッチ、ウォーキングといった有酸素運動を試してみましょう。

 

軽い運動でも代謝の向上には十分に繋がりますし、冷たい食べ物や飲み物の過剰摂取で悪化した内臓からの冷えの改善にも繋がります。

 

屋外でウォーキングやジョギングに取り組む予定であれば、日中を避けて夜や明け方の涼しい時間帯がおすすめです。

冷え性を改善する

冷え性を改善するのも夏太りの解消に欠かせない方法となっています。

 

  • エアコンの設定温度を上げて身体を冷やしすぎないようにする
  • 日没後は身体は蓄える時間帯に入るので冷たい飲み物を避ける
  • キツイ衣服の着用を避けて血行を促す
  • 足の筋肉を鍛えるエクササイズを行う

「冷え性は万病の元」と言われており、新陳代謝の低下による夏太り以外にも関節痛や神経痛の原因に繋がります。
女性は特に男性よりも筋肉量が少なく、エネルギーの燃焼効率が悪くなって身体が冷えやすいので注意してください。

シャワーだけではなく湯船に浸かる

 

夏場は気温が高いので湯船に浸からずにシャワーをサっと浴びるだけで済ませる方は多いかもしれません。

 

しかし、夏太りを解消したいのであれば季節に関わらず入浴した方が良く、半身浴でも湯船に浸かれば健全な発汗が促されて基礎代謝の向上に繋がります。

 

上記でもご説明したように冷え性が引き金となって夏太りを引き起こす女性が多く、身体を芯から温められる入浴は実に効果的です。

 

  • お湯の温度が熱すぎるとのぼせてしまうので39℃程度のぬるま湯を入れる
  • 全身浴が難しい人は腰上程度までのお湯に浸かる半身浴を試す
  • 足だけをお湯に浸す足湯でも15分間に渡って行えば入浴と同等の効果が得られる

このような方法が適しており、毎日の生活で運動する時間を確保できないという方は特に入浴を心掛けてみてください。