ポッコリお腹を短期間で解消♪おすすめのダイエット方法とは?

どんなにダイエットしてもなかなか引っ込んでくれないぽっこりお腹。
今年こそは細いパンツを履くことを目標にしている人も多いのでは?
部分痩せの中でも一番注目度の高い、短期感でお腹痩せの方法を探ってみたいと思います。

 

 

● そのぽっこりお腹は皮下脂肪だけじゃなかった?

 

ぽっこりお腹の原因は様々です。
第一に挙げられるのは皮下脂肪。
第二に内臓が下がっている。
第三に内臓脂肪です。

 

 

● 部分痩せはできない?!

 

つまめるお腹は皮下脂肪が原因です。
腹筋をして部分痩せしたいところですが、ウエストのサイズはダウンしても、たぷたぷの部分は減らないというデータがあります。
筋肉が引き締まっただけで、脂肪率は変わらないのです。
どの部分でも、「部分痩せ」は不可能です。
てすが悲嘆しないで下さい。
お腹は他の部所よりも優先して痩せていきます。
通常のダイエット法を続けていれば、落ちるのは比較的早いようです。

 

 

● 内臓の低下によるポッコリお腹

 

管理人はこのタイプでして、年齢を重ねるにつれ、お腹に空気が溜まったような感覚がありました。
便秘かな?と思い、お通じ良くしてダイエットでもすれば引っ込むだろうと数年経ちましたが、一向に減る気配はありません。
そして、気まぐれで通い出したヨガ教室で、お腹に力を入れる、お腹を引っ込めて姿勢を良くする、という基礎的な方法を学んだところ、みるみるお腹が引っ込んでいきました。
痩せるというよりも、お腹が上がった、という感覚でした。
今ではお腹を引っ込めて日常を過ごすことに慣れ、当時のお腹をキープしています。
何となく胃がもたれている、お通じが安定しない方は、この方法を試してみると良いかも知れません。

 

 

● 内臓脂肪を落として短期間ダイエット?

 

こちらも通常のダイエット法で減らす事ができます。
てすが皮下脂肪と違い、内臓脂肪は貯蔵するための脂肪ではないため、簡単に落ちます。
ダイエットは面倒という方は、食生活の見直しをするだけでも効果があります。
夜中に食べない、ピザやケーキばかり食べず野菜を食べる、等です。
健康に悪いとされる食生活をやめるだけでお腹が痩せる場合もあります。

 

 

● いかがでしたか?
原因別に見ていくと納得できることが多いですよね。
生まれ持った体型を変えることは出来ませんが、最大限の魅力を引き出す事は出来ます。
皆さん頑張って下さいね♪